【保存版】2019年 台北魯肉飯おすすめランキング【出張記事】

Sponsored Link
臺灣好吃
Sponsored Link

【第4位】今大滷肉飯(三重區大仁街)

View this post on Instagram

今大滷肉飯 三重簡直就是滷肉飯天堂❤️ 今大果真是不少人心中的no.1滷肉飯 還沒到用餐時間人潮就已從騎樓 排隊排到馬路上🙀🙀🙀 攤上的焦黃色滷汁 讓人光看就開始流口水 營業時間還從早上六點半開始一路不休息賣到晚上九點 不管哪一餐想要吃 隨時都可以吃的到😋 題外話🌟五燈獎.蓮霧.唯豐.店小二 好奇在三重滷肉飯界大家的最愛是哪家呢 – ▪️滷肉飯 (小$30/大$45) 肥肉比例佔多數 燉煮後和醬汁搭配的剛好 金黃滷肉滿滿蓋在飯上 超誘人的 也不會因爲肥肉偏高而有油膩噁心的感覺 扒光它完全無難度😂 ▪️苦瓜排骨 $50 湯真心好喝耶~除了燉的軟嫩的排骨 湯頭部分都有明顯的蛤蜊鮮甜 原來每款湯它們都會加入蛤蜊提鮮🤤 真的和一般喝到的排骨湯不一樣! ▪️魯豆腐$10、魯蛋$10 很幸運當天吃到的魯蛋、魯豆腐很入味 豆腐還軟嫩嫩很喜歡❤️ ▪️魯白菜$30、魯筍絲$30 只能說飯啊湯啊連小菜都無雷欸 筍絲、白菜都真的好吃 來上一組剛剛好 – 📬新北市三重區大仁街40號 🚇捷運菜寮站 🕔06:30-21:00 – 📎#今大魯肉飯 #今大滷肉飯 #滷肉飯 #魯肉飯 #台灣美食 #台湾 #台湾小吃 #排隊美食 #銅板美食 #台北必吃 #新北美食 #三重 #三重美食 #instafood #food #美食 #popyummy #popdaily #yummy #相機食先 #相機先食 #4foodieforfoodie #taiwan #taiwanfood #台北美食 #台北 #taipei #taipeifood #follow

A post shared by 鄭大更💕大食い 台北·新北·桃園美食日記 (@papa90242) on

第4位はローカル魯肉ファン(魯肉飯ファン)が多い今大滷肉飯。台北近郊の新北市三重區に立地します。桃園空港からの電車で途中下車をして寄ってみるのもオススメなお店。

テイクアウト用に注がれる魯肉を始めとしたアブラギッシュな料理が入店前の食欲をさらに刺激

こちらもランチタイムに行列ができるお店ですが、ほとんど観光客は見られず。ローカル民ばかりが並ぶローカル向けの味付けということなのか、それとも観光業者に手薄なエリアなのか。いずれせよ台湾人による行列がその美味を裏付けるお店です。

粒立ちのきれいな魯肉を香菇排骨と一緒に。

個人的に、お腹のコンディション次第では1位踊り出さえする今大滷肉飯。脂感がしっかりと効いた濃厚でとろみのある舌触りがローカル嗜好なのでしょうか。豊富な魯汁がご飯にしっかりと浸透してくれる点も◎。

朝便で桃園空港に到着した日にはほぼ毎回立ち寄ってしまうお店です。

【第5位】大稻埕魯肉飯(大同區長安西路)

大稻埕魯肉飯は名にこそ大稻埕を冠すものの立地は台北車站のすぐ近く。入り組んだ細い路地の中に立地しており、少々わかりにくいです。

外観の台湾感は女子ウケ必至?店員さんもキレイな女性が多いです。

場末感漂う路地と裏腹に端正なデザインで、旅行客にも人気な訳が伺えます。店内は狭く、行列とまでは言わないものの時間帯によっては待つ必要が出てきます。

店内は満員御礼により軒先で。ソリッドな脂とドロドロの肉のコントラストが美しい一杯

こちらの魯肉飯の特徴はやはり肉がしっかりと煮込まれて半ばペーストのようになっており、ご飯にしっかりと味が馴染んでくれる点でしょうか。それでいて脂身は形が崩れずプルプルと。

魯肉飯のみならず焢肉飯も人気なようです。ガッツリいきたい人にはおすすめ。

公式ホームページ

【第6位】蘭笑軒 深夜和牛肉飯(大安區忠孝東路)

この魯肉飯ランキングに載せてよいかどうか迷った挙げ句6位の座い落ち着いた牛肉飯(ニューローハン)。

豚肉が相場な魯肉飯とは別系統の料理かもしれませんが、台北のローカルグルメフォーラムでも魯肉飯として脚光を浴びているようなので、一応魯肉飯カウントしております!

携帯ショップの前で夜な夜な店開き。

蘭笑軒は金土深夜にのみ現れる幻のお店として台湾のTV等で取り上げられ話題になっており、出店時には開店前に50人を超える長蛇の列ができる事も多々あり。固定住所に店を構えているわけではなく、時間になるとスタッフさんがリアカーでお店を引いてきて調理するシステムです。

1時間並んだ末の黄金の一杯。

ちなみに味はやはり一般的な魯肉飯とは別物というべきか、鹹みの効いたそぼろ状の牛肉を中心に豪華なトッピングの丼ということでお値段も一杯100$と高価です。完成度の高を感じさせる味づくりで、長時間並んだ甲斐のある一杯です。

テイクアウトもできますが、その場で食べる場合はスープのサービスも。手前のポットからセルフで。

1晩100食限定で、一人につき4食までオーダーが可能。天候や人手不足により当日になって臨休が発表されることが多々あるため、事前チェックは必須です。

ちなみに人気が出るにつれ、平日昼にオープンの永春號、昼間ポップアップのSOGO前店での営業が始まり、また大口での予約購入が可能となりましたが、やはり本店での一杯には他では得難い満足感があるので、深夜行列に参列してみることをおすすめします。

公式Facebookページ


国内でも買える魯肉飯はこちらから!

>>まだまだ続く魯肉飯特集!
この記事を書いた人

魯肉人剣心(るろうにけんしん)。ルーローハンを求め各地を流浪。

亀戸中華街をフォローする
Sponsored Link
臺灣好吃
Sponsored Link
亀戸中華街をフォローする
Sponsored Link
亀戸中華街 – Kameido Chinatown

コメント

タイトルとURLをコピーしました